ピエールの日記 by pierre 長尾和美

ピエールです。SamuraiTraditional(サムトラ)、たけしを(逸見泰典とのユニット)でギターやってます♪思いつきをブログに! ^^v by pierre

Seesaa – h1タグの変更

   

Seesaa BLOGのカスタマイズをメモ的に。

Seesaa BLOGの場合、h1タグが「ブログタイトル」に固定されています。

例えば「記事test1」という記事を書いたとしても、「記事test1」のページのh1タグが「ブログタイトル」になっています。

これはSEO的にはあまり好ましくないなぁと思ってカスタマイズしたのでメモ。


htmlの編集

まずはhtmlの編集はどこでするの??というところから。

シーサーブログの管理画面から「デザイン」へ進み、「PC」タグの「デザイン設定」を選択します。

そして自分で設定している「デザインタイトル」をクリックします。

20150915010

すると、「スタイルシート編集」や「HTML編集」や「コンテンツHTML編集」のタグが出てくるので、編集できるようになります。

今回は「HTML編集」を選択して編集します。

20150915011

titleタグ

まずはtitleタグを探ってみました。

5行目にあります。


<title>
<% if:page_name eq 'search' -%>
<% keyword -%>
: 
<% /if -%>
<% if:page_name eq 'archives' -%>
<% extra_title_datetime | date_format("%Y年%m月") -%>
: 
<% else -%>
<% if:extra_title -%>
<% extra_title | remove_emoji -%>
: 
<% /if -%>
<% /if -%>
<% if:current_page > 1 -%>
(<% current_page -%>) 
<% /if -%>
<% blog.title -%>
</title>

titleタグの場合、「記事名:ブログ名」といった感じに各記事ごとにtitleタグが設定されています。

h1タグの修正

h1タグはというと、ありました。

18行目。

修正前のソース。


<h1>
<a href="<% blog.page_url -%>">
<% blog.title -%>
</a>
</h1>

この「ブログタイトル」しか挿入されない部分を、titleタグと同じように、「記事名:ブログ名」といった感じに各記事ごとにh1タグが設定されるようにします。

すなわちtitleタグで囲まれている部分


<% if:page_name eq 'search' -%>
<% keyword -%>
: 
<% /if -%>
<% if:page_name eq 'archives' -%>
<% extra_title_datetime | date_format("%Y年%m月") -%>
: 
<% else -%>
<% if:extra_title -%>
<% extra_title | remove_emoji -%>
: 
<% /if -%>
<% /if -%>
<% if:current_page > 1 -%>
(<% current_page -%>) 
<% /if -%>
<% blog.title -%>

をh1タグの中(aタグの中)に入れます。

修正後のソース。


<h1>
<a href="<% blog.page_url -%>">
<% if:page_name eq 'search' -%>
<% keyword -%>
: 
<% /if -%>
<% if:page_name eq 'archives' -%>
<% extra_title_datetime | date_format("%Y年%m月") -%>
: 
<% else -%>
<% if:extra_title -%>
<% extra_title | remove_emoji -%>
: 
<% /if -%>
<% /if -%><% if:current_page > 1 -%>
(<% current_page -%>) 
<% /if -%>
<% blog.title -%>
</a>
</h1>

まとめ

今回はtitleタグとh1タグを同じようにして、どちらも「記事名:ブログ名」としました。

タグに関してはもっとうまい具合にカスタマイズできそうですが、あまり時間をかけないということでこの辺にしておきます。

 - Seesaa, 無料ブログ